So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の5件

パニック障害の原因はどんなもの!? [パニック障害]

は~い!皆様お元気ですか?

パニック障害が起こる原因に関して、考えてみたいと思います。

パニック障害とは、病名からも想像できるように、パニックを起こしてしまう疾患なのです。

その症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)には、動悸(あまりにも頻繁に起こるようなら、病院で精密検査を受けたり、人間ドックなどを受けてみましょう)や息苦しさ、冷や汗や頻脈等がありますが、その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないだろうかと恐怖を感じてしまうほどです。



そういった恐怖を味わってしまうと、次に起こることを考えるだけでも非常に恐怖を感じてしまいます。

では、そういった症状はなぜ起きるのでしょうね?

まず、考えられているのは、脳の神経伝達物質の機能異常です。

これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうわけです。



ノルアドレナリンやセロトニン(不足すると眠りが浅くなり、集中力が低下したり、低体温になったりするなど、様々な不具合が出ます)と言うホルモンのバランスも、パニック障害に大きく関係していては考えられているんですね。

それでは、パニック障害は、性格的な問題とは全く無縁なのでしょうか?

うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)やそのほかの心身症では、精神的なストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が大きな原因と考えられています。

それに対してパニック障害は、ストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が主な原因であるとは思われていないようです。



しかし、パニック障害を起こしやすい性格(人や動物の性質を表わす言葉です)と言うものはあるでしょう。

それは、何事に関しても不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じやすい性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)の人です。

几帳面(細かいところまできちんと正確に行う性格やその様子をこう表現します)であったり、神経質(本人はもちろん、周囲の人にもストレスを感じさせることが少なくないでしょう)であったり、人の目を気にしすぎるような人はパニック障害を起こしやすいと言われています。



それ以外にも、過労や規則正しくない生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)環境の顕著な変化、カフェインの多量摂取などでもパニック障害を引き起こすと考えられています。



といったところで、そんな感じで体にお気をつけください♪今日はお終いです。


この記事の関連ワード
ブログ 夏バテ 症状 心因性 鍼灸 


えみの生活メモ

自律神経失調症の症状はご存知!? [自律神経失調症]

こんばんは、今日もお付き合いくださいね。

慢性的な疲労やだるさ、めまいや偏頭痛、そして、息苦しさ等、体の調子が悪くて病院で検査をして貰っても、何処にも異常が見つからない。

そんな場合には、もしかして自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)が関係しているのかもしれませんね。

それは、この自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)のバランスが乱れると、体にさまざまな不調が現れる場合があるからです。



それでは、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)のバランスが乱れる「自律神経失調症(自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより、色々な不調が起こることをいいます)」には、どの程度の症状があるのか挙げてみましょう。

まず、自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)の症状には、身体的な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の他にも精神的な症状が現れる事もあります。



身体的な症状の場合には、微熱が続いたり、フラついたり、動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)やほてり、耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)や手足のしびれ等、症状としては様々です。

また、精神的な症状も、イライラや不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)感、疎外感や落ち込み、感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)の起伏が激しく怒りや悲しみをしょっちゅう感じてしまう等、こちらも人によって症状としては色々なのです。



このような症状は、現れたと思ったらすぐに消えたり、ひとつの症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)が長く続いたり、また幾つもの症状が同時に現れたり、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が別の場所に移動してたりします。

自律神経失調症は正式な病名ではなく、こういった不快な自覚出来る症状があるのに、検査をしても異常が見つからない場合に、自律神経失調症(薬物療法や行動療法、カウンセリングや鍼灸などが有効だといわれています)と診断されてることが多々あるんですね。



本人には特に思いあたるような原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がない場合でも、こういう症状となって現れてしまうのが、自律神経失調症(全身倦怠や集中力の低下など、不快な症状が現れます)の特徴と言えるでしょう。



といったところで、――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。


この記事の関連ワード
改善方法 期間 芸能人 夏バテ 症状 微熱 


えみの生活メモ
- | 次の5件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。