So-net無料ブログ作成
検索選択
自律神経失調症 ブログトップ

自律神経失調症の原因はどうなんでしょう? [自律神経失調症]

(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆今日も来てくれてうれしく思います。



自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に個人差があるのと同様に、自律神経失調症(不定愁訴があるものの、病名がはっきりしない場合を指します)の原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)もまた、人それぞれに異なるはずです。



ただ、一般的には、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)のバランスが乱れる要因としては、主に身体的、及び、精神的なストレスになるものです。







自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)は、交感神経と副交感神経(コリン作用性神経とも呼ばれ、アセチルコリンという神経伝達物質を放出します)の二つの神経がバランスよく働く事で、私達の体を守っていらっしゃるのです。



しかし、過度のストレスによっても交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)が優位な状態が長く続いたりすると、リラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)している時の副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が働けなくなり、体を休める事ができないためにいろんな症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)となって現れます。







身体的なストレスとは、夜更かしや夜間勤務、長時間の労働や規則正しくない生活習慣など、本来の人間の体のリズムと異なった生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)環境が考えられるでしょう。



精神的なストレスとして代表的なのは、仕事や職場の人間関係等の社会的な事、転勤や引っ越し等の環境的な事、また受験や子育て等です。



もうひとつ、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)は男性よりも女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に多い症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)だと言われているのですが、その要因として女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)との関係にあるかもしれませんね。







男性だったら、思春期(個人差もありますし、男女でも違います)に性ホルモンの分泌が高まって、それ以降は初老期まで割とホルモンのリズムが安定しているのです。



けれど女性(ならではの視点が貴重なこともありますが、逆にマイナスとなることもありますね)であるなら、思春期(第二次性徴が現れ、異性に興味を持ち始めたり、人生や人間関係に悩むことも増えるでしょう)から成熟期、そして、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)まで、初潮(日本人の平均年齢は、12.4歳だそうです)、月経、妊娠、出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)、閉経と、一生を通してホルモンのリズムが変化し長く続けて行きます。







このホルモンの複雑な変化が、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ばれる状態になります)の働きにも多大なる影響を与えているとされています。







ということで、今日のところはこのへんに、サヨナラ♪





この記事の関連ワード
ブログ 夏バテ アロマ 多汗症 首 


自律神経失調症とうつ病の比較です [自律神経失調症]

どうもです!今日もご訪問ありがとうございます。

最近、よく耳にする「うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)」も心の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の神経症のひとつですから、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)と同じように自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)症状が現れます。

その為、自律神経失調症とうつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)は見分けがつきにくく、混同されやすいだといえますね。



それでは、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)とうつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)との違いには、一体どのくらいの事が。

うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)とは、抑うつ気分や絶望感、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)、焦り等を感じる心の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の事を指し、何事にも無気力、無関心になってしまいます。



自律神経失調症と似た感じの睡眠障害や疲労感、食欲不振、倦怠感(体のだるさを感じ、やる気が起きない状態をこう表現します)、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)等の身体的症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)を伴うケースもあるみたいです。

ただ、自律神経失調症(体内時計を正常化させることで症状が改善することもあるでしょう)と決定的に違うのは、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)であれば心と体のカロリー状態が極度に低下している為に、全てがマイナス思考になり、最悪の場合、衝動的に自殺を図ってしまう恐れもあることです。



また、鬱病には「仮面うつ病」と言う症状があり、これは倦怠感(自律神経失調や鬱の初期症状で倦怠感を感じることも少なくありません)や動悸(緊張している、恐怖を感じているなど、原因がわかっていて、それが解消されると治まるのであれば問題はないでしょう)、頭痛と言った身体な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が強く現れ、

精神的な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が軽い状態の事を指します。



現実的には、自律神経失調症もうつ病も現れる症状が似ている為に、医師(不足気味だといわれて久しいですね。

選択の余地もないような地域も少なくありません)の問診によって患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)が「うつ状態」であると判断した場合にうつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)と診断されるようです。



ただ、自律神経失調症(全身倦怠や集中力の低下など、不快な症状が現れます)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がストレスなんだったら、

自律神経失調症(不定愁訴があるものの、病名がはっきりしない場合を指します)からそのままうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)を発症してしまうパターンもありますね。



むしろうつ状態は精神的なストレスを伴いますので、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)から自律神経失調症になるケースも多いようです。



てなわけで、応援クリックしてね・・・プチ


この記事の関連ワード
芸能人 心因性 鍼灸 首 多汗症 


自律神経失調症の症状はご存知!? [自律神経失調症]

こんばんは、今日もお付き合いくださいね。

慢性的な疲労やだるさ、めまいや偏頭痛、そして、息苦しさ等、体の調子が悪くて病院で検査をして貰っても、何処にも異常が見つからない。

そんな場合には、もしかして自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)が関係しているのかもしれませんね。

それは、この自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)のバランスが乱れると、体にさまざまな不調が現れる場合があるからです。



それでは、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)のバランスが乱れる「自律神経失調症(自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより、色々な不調が起こることをいいます)」には、どの程度の症状があるのか挙げてみましょう。

まず、自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)の症状には、身体的な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の他にも精神的な症状が現れる事もあります。



身体的な症状の場合には、微熱が続いたり、フラついたり、動悸(心疾患や肺疾患、感染症、精神疾患といった疾患の他、脱水症状などが原因でも起こります)やほてり、耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)や手足のしびれ等、症状としては様々です。

また、精神的な症状も、イライラや不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)感、疎外感や落ち込み、感情(これをこめて歌うと、上手に聞こえることが多いでしょう)の起伏が激しく怒りや悲しみをしょっちゅう感じてしまう等、こちらも人によって症状としては色々なのです。



このような症状は、現れたと思ったらすぐに消えたり、ひとつの症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)が長く続いたり、また幾つもの症状が同時に現れたり、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が別の場所に移動してたりします。

自律神経失調症は正式な病名ではなく、こういった不快な自覚出来る症状があるのに、検査をしても異常が見つからない場合に、自律神経失調症(薬物療法や行動療法、カウンセリングや鍼灸などが有効だといわれています)と診断されてることが多々あるんですね。



本人には特に思いあたるような原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がない場合でも、こういう症状となって現れてしまうのが、自律神経失調症(全身倦怠や集中力の低下など、不快な症状が現れます)の特徴と言えるでしょう。



といったところで、――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。


この記事の関連ワード
改善方法 期間 芸能人 夏バテ 症状 微熱 


えみの生活メモ
自律神経失調症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。