So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

パニック障害に鍼灸はいかがでしょうか? [パニック障害]

ぐっども~に~んんん(テンション低ぅ・・・今日もお付き合い感謝してます。



パニック障害とは、繰り返し起こる強い不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)感を伴うパニック発作と、パニック発作が起こることへの不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)と不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を回避しますのでの行動が現れる病気なのです。



様々な原因により、ホルモンと自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)のバランスが乱れてしまい、そこにストレスが加わる事で脳の不安を感じる神経が過剰に興奮してしまうために患うんだといえるはずです。







パニック障害の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)には、西洋医学以外に東洋医学(よく西洋医学と対比したりしますが、最近では、併用して治療を行うことも少なくありません)の針灸治療があると言われていて、それでは、本当にパニック障害は鍼灸(WHO・世界保健機関も、一部の疾患に対する有効性を認めており、病気によっては健康保険が適用できます)でよくなるのでしょうか?



そのパニック障害を発症している原因(これを究明してこそ、新たな道が開けるというもの)にも左右されるでしょうが、心理的な面が問題だとするなら、良くなると思えば良くなる場合もあるといえます。







パニック障害の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は、一般的には抗不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)薬を利用してた薬物治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)や、認知行動療法なんかのカウンセリングが行われているかもしれませんね。



また、それ以外にも、体の疲労を除外して血流を改善することによって、乳酸や二酸化炭素を体に溜めないようにし、発作の誘発を防ぐ治療方法も効果的なのです。



このような治療において、鍼灸(無数の流派がありますが、古典鍼灸、現代医学的鍼灸、経絡治療、中医学などに大別できるようです)治療が用いられていらっしゃるかもしれませんね。







鍼灸治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)により、薬を服用しなくてもパニック発作が抑えられるようになった、とか、動悸(普段はそれほど意識していない心臓の拍動を自分で感じられる状態をいいます)や息切れすることが少なくなった等、パニック障害症状が改善された例は沢山報告されています。



逆に、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が悪化したケースはまだみられないようですので、もし、鍼灸(WHO・世界保健機関も、一部の疾患に対する有効性を認めており、病気によっては健康保険が適用できます)に興味(相手に対して全く持てないのであれば、関係を築くことは難しいでしょうね)があるようでしたら、一度鍼灸(様々な流派があり、どの方法が合うかは個人差があるでしょう)治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を試してみてはいかがですか。







というわけで、明日はいい日かな~バイバ~イ♪





この記事の関連ワード
アロマ 夏バテ 芸能人 鍼灸 期間 


自律神経失調症の原因はどうなんでしょう? [自律神経失調症]

(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆今日も来てくれてうれしく思います。



自律神経失調症(脳の疲労やストレス、生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどが原因だといわれています)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に個人差があるのと同様に、自律神経失調症(不定愁訴があるものの、病名がはっきりしない場合を指します)の原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)もまた、人それぞれに異なるはずです。



ただ、一般的には、自律神経(交感神経と副交感神経の二つに分けられます)のバランスが乱れる要因としては、主に身体的、及び、精神的なストレスになるものです。







自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)は、交感神経と副交感神経(コリン作用性神経とも呼ばれ、アセチルコリンという神経伝達物質を放出します)の二つの神経がバランスよく働く事で、私達の体を守っていらっしゃるのです。



しかし、過度のストレスによっても交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)が優位な状態が長く続いたりすると、リラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)している時の副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が働けなくなり、体を休める事ができないためにいろんな症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)となって現れます。







身体的なストレスとは、夜更かしや夜間勤務、長時間の労働や規則正しくない生活習慣など、本来の人間の体のリズムと異なった生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)環境が考えられるでしょう。



精神的なストレスとして代表的なのは、仕事や職場の人間関係等の社会的な事、転勤や引っ越し等の環境的な事、また受験や子育て等です。



もうひとつ、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)は男性よりも女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に多い症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)だと言われているのですが、その要因として女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)との関係にあるかもしれませんね。







男性だったら、思春期(個人差もありますし、男女でも違います)に性ホルモンの分泌が高まって、それ以降は初老期まで割とホルモンのリズムが安定しているのです。



けれど女性(ならではの視点が貴重なこともありますが、逆にマイナスとなることもありますね)であるなら、思春期(第二次性徴が現れ、異性に興味を持ち始めたり、人生や人間関係に悩むことも増えるでしょう)から成熟期、そして、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)まで、初潮(日本人の平均年齢は、12.4歳だそうです)、月経、妊娠、出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)、閉経と、一生を通してホルモンのリズムが変化し長く続けて行きます。







このホルモンの複雑な変化が、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ばれる状態になります)の働きにも多大なる影響を与えているとされています。







ということで、今日のところはこのへんに、サヨナラ♪





この記事の関連ワード
ブログ 夏バテ アロマ 多汗症 首 


パニック障害の子供ですか? [パニック障害]

近年、一般的にも認知されるようになった病気(先天的なものも少なくないでしょう)のパニック障害とは言っても、ひょっとすると大人だけが発症する病気だとは思っていませんか?

確かに、20代の男性や三十台の女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に多いと呼ばれているパニック障害だからといって、実はこどもでも発症してしまう可能性が十分にある事が判って来ています。



例えば、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)もしていない状況で子供が突然、「息が苦しい」、「心臓がドキドキする」、「気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)が悪い」等と頻繁に訴えるようであれば、一応パニック障害を疑ってみる必要があるはずです。

子どもが大袈裟に表現しているだけだと思い込み、その状態をそのままほうっておいたりすると、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が進行していき、うつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)と言った大変な病気にまで発展してしまったりするリスクがあるからです。



その際に、心配だからといきなり専門の病院に連れて行ってしまっては、子供は「自分が異常なのだ」と決め付けられたような気がして、深く傷つくケースもあるのです。

最初の段階のうちは、お住まいの市町村内にある教育相談センターで、状況を説明して相談してみてください。

教育相談センターには、臨床心理士(臨床心理士、学校心理士、臨床発達心理士、認定心理士、応用心理士、医療心理士、健康心理士などなど、たくさんの心理関連資格があります)の資格を持っているカウンセラー(相談する人のことをクライアントと呼び、きいたことに対する守秘義務があります)の先生がいることも多いので、たいへん参考になると思います。



ちなみに、パニック障害には、親が以前にパニック障害だったと言った遺伝的要素も関係していると言われています。

そう言った事から、もしも、家族や親戚が過去にパニック障害の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を発症した事があるような場合には、子供もパニック障害である可能性が高くなってしまったようですよ。




さてと、今日は、ここまで。


この記事の関連ワード
鍼灸 ブログ 症状 期間 芸能人 


パニック障害に鍼灸ってどうなんでしょうか? [パニック障害]

こんちわっすー、今日も読んでくれてありがとう。

パニック障害とは、繰り返し起こる強い不安感を伴うパニック発作と、パニック発作が起こることへの不安と不安を回避しますからの行動が現れる疾患なんです。

様々な原因により、ホルモンと自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)のバランスが崩れてしまい、そこに(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が加わる事で脳の不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じる神経が過剰に興奮してしまう為に発症すると思っております。



パニック障害の治療には、西洋医学の他に東洋医学の針灸治療があると言われていますが、それでは、本当にパニック障害は鍼灸でよくなるのでしょうね?

そのパニック障害を発症している原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)にも左右されるでしょうが、心理的な面が問題だとしたら、良くなると思えば良くなる場合もあるといっていいと思います。

パニック障害の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、一般的には抗不安薬をつかってた薬物治療や、認知行動療法なんかのカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすればいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)が行われているでしょうね。



また、その他にも、体の疲労を取り除いて血流を改善する事によって、乳酸や二酸化炭素を体にためないようにし、発作の誘発を防ぐ治療法も効果的なのです。

このような治療において、鍼灸(無数の流派がありますが、古典鍼灸、現代医学的鍼灸、経絡治療、中医学などに大別できるようです)治療が用いられているかもしれませんね。



鍼灸(無数の流派がありますが、古典鍼灸、現代医学的鍼灸、経絡治療、中医学などに大別できるようです)治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)によって、薬を服用しなくてもパニック発作が抑えられるようになった、とか、

動悸(普段はそれほど意識していない心臓の拍動を自分で感じられる状態をいいます)や息切れすることが少なくなった等、パニック障害症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)が改善された例は沢山報告されています。



逆に、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が悪化したケースはまだみられないようですから、もし、鍼灸(当たり外れ、合う合わないがあるので、口コミなどを参考にして自分に合った鍼灸師を探すことが大切です)に興味(心や体が疲れていると、何に対しても持てなくなってしまうことが少なくありません)があるようでしたら、一度鍼灸治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を試してみては如何でしょうか。



さてさて、今日のところはこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
改善方法 夏バテ とは 喉 期間 


自律神経失調症とうつ病の比較です [自律神経失調症]

どうもです!今日もご訪問ありがとうございます。

最近、よく耳にする「うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)」も心の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の神経症のひとつですから、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)と同じように自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)症状が現れます。

その為、自律神経失調症とうつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)は見分けがつきにくく、混同されやすいだといえますね。



それでは、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)とうつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)との違いには、一体どのくらいの事が。

うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)とは、抑うつ気分や絶望感、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)、焦り等を感じる心の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の事を指し、何事にも無気力、無関心になってしまいます。



自律神経失調症と似た感じの睡眠障害や疲労感、食欲不振、倦怠感(体のだるさを感じ、やる気が起きない状態をこう表現します)、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)等の身体的症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)を伴うケースもあるみたいです。

ただ、自律神経失調症(体内時計を正常化させることで症状が改善することもあるでしょう)と決定的に違うのは、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)であれば心と体のカロリー状態が極度に低下している為に、全てがマイナス思考になり、最悪の場合、衝動的に自殺を図ってしまう恐れもあることです。



また、鬱病には「仮面うつ病」と言う症状があり、これは倦怠感(自律神経失調や鬱の初期症状で倦怠感を感じることも少なくありません)や動悸(緊張している、恐怖を感じているなど、原因がわかっていて、それが解消されると治まるのであれば問題はないでしょう)、頭痛と言った身体な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が強く現れ、

精神的な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が軽い状態の事を指します。



現実的には、自律神経失調症もうつ病も現れる症状が似ている為に、医師(不足気味だといわれて久しいですね。

選択の余地もないような地域も少なくありません)の問診によって患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)が「うつ状態」であると判断した場合にうつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)と診断されるようです。



ただ、自律神経失調症(全身倦怠や集中力の低下など、不快な症状が現れます)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がストレスなんだったら、

自律神経失調症(不定愁訴があるものの、病名がはっきりしない場合を指します)からそのままうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)を発症してしまうパターンもありますね。



むしろうつ状態は精神的なストレスを伴いますので、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)から自律神経失調症になるケースも多いようです。



てなわけで、応援クリックしてね・・・プチ


この記事の関連ワード
芸能人 心因性 鍼灸 首 多汗症 


前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。