So-net無料ブログ作成

パニック障害の子供ですか? [パニック障害]

近年、一般的にも認知されるようになった病気(先天的なものも少なくないでしょう)のパニック障害とは言っても、ひょっとすると大人だけが発症する病気だとは思っていませんか?

確かに、20代の男性や三十台の女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に多いと呼ばれているパニック障害だからといって、実はこどもでも発症してしまう可能性が十分にある事が判って来ています。



例えば、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)もしていない状況で子供が突然、「息が苦しい」、「心臓がドキドキする」、「気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)が悪い」等と頻繁に訴えるようであれば、一応パニック障害を疑ってみる必要があるはずです。

子どもが大袈裟に表現しているだけだと思い込み、その状態をそのままほうっておいたりすると、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が進行していき、うつ病(気分障害には他にも、躁病や躁うつ病などがあります)と言った大変な病気にまで発展してしまったりするリスクがあるからです。



その際に、心配だからといきなり専門の病院に連れて行ってしまっては、子供は「自分が異常なのだ」と決め付けられたような気がして、深く傷つくケースもあるのです。

最初の段階のうちは、お住まいの市町村内にある教育相談センターで、状況を説明して相談してみてください。

教育相談センターには、臨床心理士(臨床心理士、学校心理士、臨床発達心理士、認定心理士、応用心理士、医療心理士、健康心理士などなど、たくさんの心理関連資格があります)の資格を持っているカウンセラー(相談する人のことをクライアントと呼び、きいたことに対する守秘義務があります)の先生がいることも多いので、たいへん参考になると思います。



ちなみに、パニック障害には、親が以前にパニック障害だったと言った遺伝的要素も関係していると言われています。

そう言った事から、もしも、家族や親戚が過去にパニック障害の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を発症した事があるような場合には、子供もパニック障害である可能性が高くなってしまったようですよ。




さてと、今日は、ここまで。


この記事の関連ワード
鍼灸 ブログ 症状 期間 芸能人 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。