So-net無料ブログ作成

パニック障害に鍼灸ってどうなんでしょうか? [パニック障害]

こんちわっすー、今日も読んでくれてありがとう。

パニック障害とは、繰り返し起こる強い不安感を伴うパニック発作と、パニック発作が起こることへの不安と不安を回避しますからの行動が現れる疾患なんです。

様々な原因により、ホルモンと自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)のバランスが崩れてしまい、そこに(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が加わる事で脳の不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)を感じる神経が過剰に興奮してしまう為に発症すると思っております。



パニック障害の治療には、西洋医学の他に東洋医学の針灸治療があると言われていますが、それでは、本当にパニック障害は鍼灸でよくなるのでしょうね?

そのパニック障害を発症している原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)にも左右されるでしょうが、心理的な面が問題だとしたら、良くなると思えば良くなる場合もあるといっていいと思います。

パニック障害の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、一般的には抗不安薬をつかってた薬物治療や、認知行動療法なんかのカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすればいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)が行われているでしょうね。



また、その他にも、体の疲労を取り除いて血流を改善する事によって、乳酸や二酸化炭素を体にためないようにし、発作の誘発を防ぐ治療法も効果的なのです。

このような治療において、鍼灸(無数の流派がありますが、古典鍼灸、現代医学的鍼灸、経絡治療、中医学などに大別できるようです)治療が用いられているかもしれませんね。



鍼灸(無数の流派がありますが、古典鍼灸、現代医学的鍼灸、経絡治療、中医学などに大別できるようです)治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)によって、薬を服用しなくてもパニック発作が抑えられるようになった、とか、

動悸(普段はそれほど意識していない心臓の拍動を自分で感じられる状態をいいます)や息切れすることが少なくなった等、パニック障害症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)が改善された例は沢山報告されています。



逆に、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が悪化したケースはまだみられないようですから、もし、鍼灸(当たり外れ、合う合わないがあるので、口コミなどを参考にして自分に合った鍼灸師を探すことが大切です)に興味(心や体が疲れていると、何に対しても持てなくなってしまうことが少なくありません)があるようでしたら、一度鍼灸治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を試してみては如何でしょうか。



さてさて、今日のところはこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
改善方法 夏バテ とは 喉 期間 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。