So-net無料ブログ作成

自律神経失調症とうつ病の比較です [自律神経失調症]

どうもです!今日もご訪問ありがとうございます。

最近、よく耳にする「うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)」も心の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の神経症のひとつですから、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)と同じように自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)症状が現れます。

その為、自律神経失調症とうつ病(細川貂々さんのエッセー漫画「ツレがうつになりまして。」が話題になりました)は見分けがつきにくく、混同されやすいだといえますね。



それでは、自律神経失調症(不規則な生活やストレス、女性ホルモンの影響など、人によって原因も異なります)とうつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)との違いには、一体どのくらいの事が。

うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)とは、抑うつ気分や絶望感、不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)、焦り等を感じる心の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)の事を指し、何事にも無気力、無関心になってしまいます。



自律神経失調症と似た感じの睡眠障害や疲労感、食欲不振、倦怠感(体のだるさを感じ、やる気が起きない状態をこう表現します)、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)等の身体的症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)を伴うケースもあるみたいです。

ただ、自律神経失調症(体内時計を正常化させることで症状が改善することもあるでしょう)と決定的に違うのは、うつ病(真面目で几帳面な人ほど罹病リスクが高いといわれています)であれば心と体のカロリー状態が極度に低下している為に、全てがマイナス思考になり、最悪の場合、衝動的に自殺を図ってしまう恐れもあることです。



また、鬱病には「仮面うつ病」と言う症状があり、これは倦怠感(自律神経失調や鬱の初期症状で倦怠感を感じることも少なくありません)や動悸(緊張している、恐怖を感じているなど、原因がわかっていて、それが解消されると治まるのであれば問題はないでしょう)、頭痛と言った身体な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が強く現れ、

精神的な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が軽い状態の事を指します。



現実的には、自律神経失調症もうつ病も現れる症状が似ている為に、医師(不足気味だといわれて久しいですね。

選択の余地もないような地域も少なくありません)の問診によって患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)が「うつ状態」であると判断した場合にうつ病(藤原紀香主演のドラマの題材にもされましたね)と診断されるようです。



ただ、自律神経失調症(全身倦怠や集中力の低下など、不快な症状が現れます)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)がストレスなんだったら、

自律神経失調症(不定愁訴があるものの、病名がはっきりしない場合を指します)からそのままうつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)を発症してしまうパターンもありますね。



むしろうつ状態は精神的なストレスを伴いますので、うつ病(マジメな人ほど罹りやすいなんてよくいわれています)から自律神経失調症になるケースも多いようです。



てなわけで、応援クリックしてね・・・プチ


この記事の関連ワード
芸能人 心因性 鍼灸 首 多汗症 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。